2010年09月04日

シューターレーシングがMotoGPプロジェクトを発表


シューターレーシングは3日、2012年からのMotoGPクラス参戦に向けて、プロトタイプマシンの開発プロジェクトに関して説明した。

第12戦戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのMoto2クラスに、ワイルドカードを含め、合計13台のプロトタイプマシンを供給するスイスのメーカーは、テクニカルレギュレーションが変更される2012年を目指し、プロトタイプマシンの開発に着手。

代表者のエスキル・シューターは、BMW社のエンジンを搭載したプロトタイプマシンを製作。Moto2プロジェクト同様に、希望するチームにプロトタイプマシンを提供して行く考えを説明。現時点では、マーク・VDS・レーシングの支援を受け、9月からテストを開始する。

「Moto2クラスと同じような手段で作業を進めています。最初にバイクを製作し、それを開発に使用します。戦闘力のあるバイクに仕上げて行くために、今から1年以上の時間があります。現在、多くのユーザーライダーたちが安定してトップ10に進出していることから、仕事の方法は正しいことを証明しました。MotoGPクラスにおいても、似たような成功が収められることを願います。」

「(BMW社の)エンジンは、スタンダードなセッティングでも高い戦闘力があり、将来に向けて、まだ改善するためのビックなポテンシャルが備わっています。ホンダ600ccのエンジンと似たようにシャープで、Moto2のシャーシコンセプトをMotoGPに転用することができます。」

「カルメロ・モラーレスをテストライダーとして起用します。親密な関係で仕事をするチームを探し、開発に向けて、もう1人のライダーを起用するか決めます。」

「マーク・VDSの代表であるマーク・バン・デル・ストラテンは、2012年に向けて、バイクの開発を支援することを約束してくれました。彼の目標は、2012年にMotoGPクラスに参戦することです。現時点で、彼のチームのために、戦闘力のあるバイクを準備します。」

第11戦インディアナポリスGPが終了し、シーズン全10戦で2勝(開幕戦カタールGPの富沢祥也と第5戦イギリスGPのジュール・クルーセル)を挙げたMoto2クラスに関しては、「ここまで収めた成功について、喜ぶことができます」と、評価した。

「問題はありませんでした。バイクは大変良く機能します。大切なのは、Moto2クラスにおいて、他のファクトリーと共にグレートな成功を収めたことです。このスポーツにおいて、モリワキ、FTRなど、他のファクトリーと共にレベルのあるレースを成長させたことは重要です。Moto2クラスの全関係者は、この新しいカテゴリーを喜ぶことができます。」

「シーズンの残り7戦で、2勝を挙げなければいけません。シーズン後半から、シャーシと全体的なパッケージは改善されました。インディアナポリスでは、グッドなリズムがあることを証明し、シャーシは継続的に進歩しています。」

http://www.motogp.com/ja/news/2010/Suter+on+MotoGP+project+0
posted by クソムシ at 09:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | NEWS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック